心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

秋葉原通り魔事件 最高裁でも死刑判決が確定。

投稿日:

昨日2/2、秋葉原通り魔事件に判決が下されました。

 

2008/6/8に東京の秋葉原で17人を殺傷。罪に問われていた加藤被告。

1、2審で死刑判決が言い渡されていましたが、弁護側は判決不服として最高裁判所に上告、死刑の破棄を求めていました。

 

しかし、最高裁はこれを退け、死刑判決が揺らぐことはありませんでした。

 

まあ、当然の結果と言ったところでしょうか。

弁護側は「インターネットの掲示板で嫌がらせを受け、強いストレスを感じ、心神喪失か心神耗弱状態だった」として上告していたわけですが、

いくらなんでもこの人は擁護する気になれませんね、私は。

 

事件の詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

 

この秋葉原通り魔事件ですが、多くの方に深い傷と悲しみを残しています。

 

1人息子の隆裕さんを亡くした川口健さんは、精神的なショックからうつ病となり会社を退社。

さらに、奥さんとの関係も悪くなり、離婚したのだとか・・・

一家の人生が大きく狂ってしまったわけです。

川口さんは、「かなりのものが失われました。わたしも、この事件の被害者だと思っています」とコメントを残しています。

 

最高裁の法廷に足を運び、その後記者会見を開いた方もいらっしゃいます。

記者会見を行ったのは、湯浅洋さん。

 

当時タクシー運転手だった湯浅さんは、勤務中に現場を通りかかり、

トラックに跳ねられた人を助けようとしたところ、後ろからダガーナイフで刺されたそうです。

脇腹の傷は横隔膜(肝臓)に達し、意識が4日間戻らなかったとのこと。

一命は取りとめたものの、傷は現在も残ったまま。

 

湯浅さんは、「被告の目を見て話をしたかった。なぜ、自分とは関係のない人たちを狙ったのか、いまだに理解できない」と振り返っていました。

 

被告がなぜ事件を起こしたのか?

被告の内面を知りたいと多くの被害者の方々が思っています。

 

湯浅さんもその一人で、被告との面会を求めて、6通の手紙を書いたそうです。

しかし、面会は一度も実現しなかったそうで、返事は「会えなくて申し訳ありません」という内容の1通のみ。

 

何故?という気持ちは理解できます。

しかし、犯罪は理不尽なものですし、犯罪を起こさない人には理解できるものではないとも思います。

解ったところで得することは何もないでしょうし、余計に苦しむことになり兼ねません。

どうにか被害者の方々の心の傷を癒せる良い方法はないものでしょうか?

 

すみません、話を戻します。

湯浅さんは事件を振り返り、「他の被害者のことを考えると、加藤被告が憎い」と話しています。

しかし一方で、「なぜ自分に向かってくる加藤被告に気付かなかったのか。抵抗できれば、被害者は少なくてすんだのではないか」と後悔している様子でした。

 

また被告に対して、「死刑確定を機にもう一度、人が生きる価値を知り、罪に向き合って反省してもらいたい」と語っていました。

 

なんというか、居た堪れない気持ちになります・・・

 

ストレスの多い現代社会。

加藤被告のような犯罪を犯す人が出てきても不思議ではありません。

それ防ぐためには、一人一人が他人を思いやる心を持つことが重要だと私は思います。

ほんの少しだけでも、皆がそう思えるような世の中になってほしいですね。

 

最後に、

お亡くなりになられた方々のご冥福、

そして被害者・関係者の方々がこの悲惨な事件の痛みから1日も早く立ち直れますよう、

心よりお祈り申し上げます。

-ニュース・時事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

人食いバクテリアが、今年も猛威を振るいつつあるようです。注意しましょう。

突然発症・劇症化し、手足の壊死や意識障害を引き起こし、 時には命を奪う可能性のある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」こと人食いバクテリア。   この人食いバクテリアが今年も着々とその猛威を振る …

no image

ファミリーマートとサークルKサンクス、統合なるか!? 交渉がまとまれば、コンビニ業界売上2位に!!

コンビニエンスストア業界で新たな動きがあり、大きな関心が寄せられています。   業界3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスが、経営統合 …

no image

結局、STAP細胞論文の不正が事実上確定してしまいましたね。

小保方晴子元研究員が、理研に対して不服申し立てをしなかったことが本日判明しました。 これによって、STAP細胞の論文の不正が確定。

no image

西アフリカ3カ国で、エボラ出血熱の感染の勢いが鈍る!

世界保健機関が昨日15日、エボラ出血熱に関する最新の統計を発表しました。 それによれば、被害の大きい西アフリカの3カ国で感染拡大の勢いが鈍ってきているそうです。

no image

動画サイトで無免許運転の様子を生中継し、32歳の男性が逮捕される。いい歳して何やってんだか・・・

静岡県警浜松中央署は昨日8日、兵庫県三木市の無職・大原誠治容疑者(32)を道路交通法違反(無免許運転)の疑いで逮捕しました。   逮捕のきっかけは、インターネットのサイトに投稿された動画。 …

pagetop