心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

大阪市立大で、アルツハイマーの抗体が開発される!!

投稿日:2015年1月10日 更新日:

大阪市立大が、米神経科学専門誌で、アルツハイマー病の予防や認知力の改善につながる抗体を作製に成功したと発表。

アルツハイマー病の治療薬開発につながると、期待・注目されています。

記憶障害のあるマウスで効果を確認したとのこと。

今後は人で臨床試験を目指すとしています。

 

アルツハイマー病の原因は、主に2つあると言われています。

1.「老人斑」の蓄積

2.「リン酸化タウ」の蓄積

老人斑に関しては、抗体の開発が進んでいます。

しかし、リン酸化タウのケースでは有効な抗体の開発が進んでいなかったのです。

 

今回の実験によって、治療薬が開発・研究が飛躍的に進むのではないかと思われます。

 

大阪市立大の富山貴美准教授らは、リン酸化タウが脳内に蓄積する特殊なマウスを人工的に作製。

2歳まで、そのマウスの脳内変化を調査してきたそうです。

その結果、タウを構成するアミノ酸の一種「セリン413」のリン酸化が、アルツハイマーの進行に深く関わることを発見したとのことです。

 

そして、「セリン413」がリン酸化したタウのみを除去する抗体を開発してみたようです。

人工マウスに、この抗体を1週間おきに1mg(1カ月間)投与したところ、記憶力や脳の異常に改善が確認できたとのことです。

 

このようなニュースは大歓迎ですね。

素晴らしい研究だと思いますので、早く臨床で使えるようになってほしいものです。

 

近い将来、認知症も完治できる病気になるかもしれませんね。

 

 

P.S.

近年、ゲームが認知証の予防に効果があるか研究をしているところもありますね。

 

「ゲームは認知証のリスクを減らせる」とする研究結果は意外と多く出ています。

しかし、まったく効果がないとする意見も多いようですね。

 

ゲームだけでなく、何か夢中になれる趣味を持っている人は認知証のリスクが減っているという話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

ゲームは、画面に表示された映像を認識したり、指を動かしたりする為、

何もやらないよりは良い効果が期待できるのではないかと私は思っています。

皆さんは、どう思いますか?

-ニュース・時事
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

Windows10はパスワードが不要になる? FIDOの採用により、指紋・音声・顔認証対応に!?

Microsoftが新たにリリースする次期OS「Windows10」。 このWindows10にFIDOという認証技術が取り入れると発表され、注目されています。   FIDOとは、「Fast …

no image

投票所の出張!? それも良いですが、ネットや郵送で投票できるようになると嬉しいですね。

選挙の度に、遠くて投票に行けないと高齢者から苦情が出ています。 これに対して、自治体は様々な対策を講じているようです。   例えば、集会所などに臨時の期日前投票所を開設したり、 投票所を巡回 …

no image

マクドナルドがまたやらかしたのか? ポテトに人の歯が混入していた!?

先日の記事に続いて、またマクドナルドの事件です。 日本マクドナルドは、過去にあった問題に関する記者会見を本日7日の午後に開くそうです。

no image

発煙!発火!突沸! なくならない電子レンジの事故

「メーカーでは、説明書に注意事項を分かりやすく記載しているが、トラブルがなくならない」というニュース記事を目にしました。 自分もちょうど1週間前にやらかしたので耳に痛い話です。

no image

国内メーカーが、ガラケー生産を終了する予定だそうですね。ガラケーを使っている身としては、ちょっと困りますよ。

従来型の携帯電話(ガラパゴスケータイ)を今まで作ってきた国内メーカー(パナソニックなど)が、2017年以降にその生産を終了するのだとか? ※日経新聞が報じた情報のようです。本当にそうなるかは明言できな …

pagetop