心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事 役立つ知識・情報

御嶽山の噴火から半年。登山や山にハイキングに行く際には、事前準備や情報収集を怠らないようにしましょう。

投稿日:2015年3月27日 更新日:

死者57人、行方不明者6人という戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火。

今月27日でちょうど半年です。

 

被害に遭われた方々、お亡くなりになられた方々、そしてご遺族の方に心よりお悔やみを申し上げます。

 

各所でも、噴火発生時刻に黙祷が捧げられました。

 

現在、行方不明者の捜索は中断されていますが、雪解けを待って再開する予定とのことです。

火山の活動は続いているでしょうから、捜索隊の方々も、十分気を付けていただきたいと思います。

 

さて、今回は噴火に関連して、登山に行く際の注意点について書こうと思います。

 

登り慣れている人も今一度確認するという意味で流し読みしてみてください。

前に、京都(だったような気がする)のボーイスカウトが登山に行って遭難しかけたなんてこともありましたからね。

「大丈夫さ」という軽い気持ちでいると、大変なことになります。

山は恐いですからね。ちょっとした判断ミスが命取りになる可能性もあります。

 

 

さて、それでは超基本的なことしか書きませんが、確認しておきましょう。

以下のことは、最低でも意識しておいた方が良いかと思います。

 

・情報収集(気象情報など)

・無理のない計画にする

・登山計画書(登山届)を提出

・入念な準備

・道具の使い方の習得(地図やコンパスなど)

 

 

事前に登る山やコースの情報、気象情報などは調べておきましょう。

気象庁のホームページにある活火山に関するページなどに表記されている山は特に気を付けておくべきでしょうね。

 

 

そして、登山に行く際には、きちんと計画を立てましょう。

 

登山にかかる時間などを考えず現地に行き、下山する頃には日が暮れて真っ暗。

なんてこともあるみたいなので、注意しましょう。

 

また、計画は余裕を持ったものにしましょう。

所要時間を調べたとして、それを鵜呑みにし、計画を立てたりしないように。

 

登山やハイキングの経験がどの程度あるか考慮した方が良いですし、

例えば、一緒に行くメンバーに女性が多ければ、ペースが遅くなることも考えられます。

 

非常事態を想定するのは難しいですが、余裕のある計画にしておくことで対処がしやすくなります。

 

 

個人的に、忘れないでほしいのは登山計画書(登山届)の提出です。

提出は任意ですが、提出しておきましょう。また、低い山であっても提出した方が良いでしょう。

※場合によっては、義務化されていることもあります。

 

遭難・行方不明時に初動捜査が行われやすくなります。(救助隊が早く行動を開始できる)

御嶽山の噴火でも、これを提出せず入山した人が多く、事態の把握が難しくなったそうですよ。

 

さらに、登山計画書は登山ルートや非常時対策などを明記する必要がある為、

上記の情報収集や計画を必然的に行うことになります。

これによって、自分の意識を高めることができます。

 

 

そして、もう一つの重要なポイントは事前の準備です。

 

まず、服装ですが、長袖・長ズボンで行きましょう。

防寒や虫さされ、怪我の防止になります。

但し、ジーパンなどの濡れると重くなり過ぎるものは避けましょう。

 

靴は、トレッキングシューズがベストです。ない場合は、スニーカーなど歩きやすいものにしましょう。

偶にヒールなんかを履いている方がいますが、あれは不味いです。

怪我する可能性が高くなるので、簡単なハイキングコースでも止めておきましょう。

 

日除けや雨除けになるので、帽子もあると良いと思います。

 

続いて、持ち物です。

色々あると思いますが、私が今パッと思いつく物を挙げてみます。

 

リュックサック(ザックカバーもあると尚良)、救急道具、非常食・水、雨具、防寒着、ライト(ヘッドライトがベスト)、地図、コンパス、タオル、ビニール袋、ガムテープ(ビニールテープ)、新聞紙、ライター・マッチ、簡易テント(大きめのビニールシートやロープ)

 

こんなところでしょうか?

※思いついた物を書いただけですので、鵜呑みにはしないようにしてください。参考程度にして、きちんと調べ、自分で考えましょう。

 

バッグはリュックなどの背負えるものにしましょう。

登山やハイキングに行く際は、両手は常に使えるように空けておきましょう。※ストックなどは例外

ヘッドライトをおすすめする理由も同じです。

 

日帰りの登山でも、一日分の食料や寝泊りできる装備を持っていくと良いでしょう。

何かあった時に、そこで過ごせるように。

 

簡易テントがない場合は、大きめのビニールシートとロープを持っていくと良いでしょう。

それらを使えば屋根が作れる可能性が高いです。

ロープをくくりつける木などがなくても、ビニールシートに包まるだけで効果があります。

 

意外と忘れがちなのが防寒着と救急道具。

山は平地よりも気温が低い(夏でもかなり寒いことがある)ので、防寒着は非常に重要です。

救急道具も怪我などの非常時に必要になります。忘れないようにしましょう。

 

雨具は、レインウェアを用意しましょう。

傘は止めましょう。理由はリュックやライトと同じです。

さらに、場合によっては、防寒着と重ね着して寒さを凌ぐこともできます。

 

ビニールやテープ類、新聞紙は持っておくと便利なアイテムです。

ビニール袋は、ゴミ袋としてだけではなく、雨除けや濡れた地面に物を置く際に使えたりします。

テープは、あまり使わないかもしれませんが、靴やバッグが破損した際などに役立ちます。

 

中でも新聞紙はもっていくことをおすすめします。

体に巻いたり(シャツの中に入れたり)、体にかけたりすると防寒効果があります。

ライターやマッチで火を付ければ、一時的に暖をとることもできるでしょう。

怪我をした時には、添え木の代わりにも使えるでしょう。

 

上では書きませんでしたが、活火山に行く場合は、

ヘルメットなんかも持っていくと良いかもしれませんね。

 

 

最後は、道具の使い方の習得について。

これは当然ですよね。言うまでもありません。

 

特に、地図とコンパスの見方、使い方は覚えておくようにしましょう。

使い方を読んだりするだけでなく、近所で構わないので、進路の見つけ方などを実践しておくと良いと思います。

 

 

ここまで、色々書きましたが、要は行く前も重要だということです。

登山家や登山経験者、ボーイスカウトなどのアウトドアに慣れている方に引率を頼むのも良い方法でしょう。

 

アウトドアは、結構危険が伴います。

ですから、安全に楽しむ為にも、注意は怠らないようにしましょう。

-ニュース・時事, 役立つ知識・情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

久々に完徹しました。ついでなので、徹夜について調べてみました。徹夜って思っていた以上にリスクがあるのですね。

14日の夜に友人と飲みに行きました。 その後もビリヤードをしに行ったりと遊んでいたら、いつの間にか徹夜に。 さらに、そのまま寝ずに15日を過ごしたので、久々の完徹となりました。   さすがに …

no image

パソコンにイラつき、銃で無理矢理シャットダウンした男がアメリカで逮捕されたらしいですね。コンセント抜けよ・・・

アメリカでおバカな事件が起こったようです。 4/20にコロラド州で、パソコンにイラついた37歳の男性が、銃撃でパソコンを破壊し逮捕されました。 現地警察の報告では「男、コンピューターを殺す」と記載され …

no image

ソニーから分社したVAIOも格安スマホ業界に参入!?

ソニーの業績不振がきっかけで分社したパソコンの製造・販売会社VAIO(バイオ)が、格安スマートフォン事業に参入するそうです。 MVNO(仮想移動体通信事業者)で有名な日本通信と端末を共同開発。来年1月 …

no image

ぺヤングついに生産自粛! ゴキ○リ混入騒動

ついに「製造過程での混入の可能性が否定できない」として、当面の間全工場で生産自粛及び販売休止することになりました。 ぺヤングのホームページがメンテナンス中で見られなかったのは、これの掲載の準備をしてい …

no image

また滋賀県で菓子パンに縫い針! 今度は野洲市乙窪で発生。早く犯人が捕まることを願うばかりです。

先月の針混入事件ですが、また起きました。   昨日2日、滋賀県野洲市乙窪の量販店「ザ・ビッグエクストラ野洲店」で客が購入した菓子パンの容器から、縫い針1本が見つかりました。 滋賀県警守山署は …

pagetop