心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

エボラ出血熱の死者も7500人を超えているそうです。 もう少しで感染者数2万人!

投稿日:2014年12月24日 更新日:

昨日のニュースですが、世界保健機関が、エボラ出血熱による死者が7500人を超えたことを発表しました。

感染者も2万人に近づいているそうです。

エボラ出血熱が流行しているギニア、リベリア、シエラレオネで、20日までの感染者数が1万9340人にも上り、そのうち7518人が死亡しているそうです。

 

その他の国での死者数は、前回発表時と変わっていないとのことです。

(マリで6人、米国で1人、10月に終息宣言が出ているナイジェリアで8人)

 

今月上旬には、シエラレオネの感染者数がリベリアを越えて最多となっています。

そのシエラレオネでは、4日間で180人も感染者が増えている状況です。(計8939人)

死者数も79人増えて、2556人に上ります。

 

まだまだ、終息には向かっていないことが分かります。

 

また、医療関係者の感染者数も増えています。

14日の時点で、649人に上っており、そのうち365人が死亡しています。

医療関係者は半数以上も亡くなっているのですね。非常に怖い話です・・・

 

最近、日本ではエボラの話題が鳴りを潜めているように感じますが、

世界では、感染者数、死者数共に着実に増えています。

 

報道が少なくなると終息したと勘違いしたり、忘れてしまう人が多い為、

万が一日本に入ってきたりしたらパニックになるのではないかと不安になります。

 

いくつかの国で終息宣言が出ていることが、余計に気が抜けてしまう要因とも言えます。

 

エボラウイルス以外にも人食いバクテリアなど恐ろしい感染症はまだまだ沢山あります。

何かの病気が蔓延しても、動じないように情報収集したり、心構えを持つようにしたいですね。

厚生労働省の感染症情報などを読んでおくのも良いでしょう。

-ニュース・時事
-

執筆者:

関連記事

no image

ランサムウェアに感染し、金銭を要求される被害が日本でも増えているようです。定期的なバックアップを心掛けましょう。

ランサムウェアによる被害が徐々に増えているようです。   ランサムウェアとは、マルウェアの一種です。 感染するとプログラムが動かなくなったり、ファイルが開けない状態に陥ります。 そして、これ …

no image

理研の検証チームが実験打ち切りを発表! 小保方氏も退職へ!

理化学研究所の検証チームは、来年3月末を期限にSTAP細胞の有無を確かめる検証実験を行っていました。 しかし、「STAP現象を再現できない」と結論付け、この検証実験を打ち切ると本日19日に発表がありま …

no image

小保方氏の実験、STAP細胞再現できず!? 存在しない可能性濃厚!

STAP細胞検証実験で、小保方晴子研究員が細胞を作れず、論文通りに再現できなかったことが判明しました。 小保方氏自身が作れなかったことで、STAP細胞が存在しない可能性が一段と高まりました。

no image

西アフリカ3カ国で、エボラ出血熱の感染の勢いが鈍る!

世界保健機関が昨日15日、エボラ出血熱に関する最新の統計を発表しました。 それによれば、被害の大きい西アフリカの3カ国で感染拡大の勢いが鈍ってきているそうです。

no image

またゴキ○リ混入事件発生!? 今度は日清食品の冷凍パスタ

ゴ○ブリの混入事件がまた起きましたね。   今田は、日清食品冷凍株式会社の冷凍パスタです。 ゴキブ○と思われる虫の一部が混入したとして、冷凍パスタ約75万食を回収することが発表されています。 …

pagetop