心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

西アフリカ3カ国で、エボラ出血熱の感染の勢いが鈍る!

投稿日:2015年1月16日 更新日:

世界保健機関が昨日15日、エボラ出血熱に関する最新の統計を発表しました。

それによれば、被害の大きい西アフリカの3カ国で感染拡大の勢いが鈍ってきているそうです。

「闘いが終わったわけではない」としながらも、「楽観できる最初の兆候」と評価しているようです。

↑「楽観できる」という訳はどうなんでしょうか?
世界保健機関の述べた元の文章を見てないので、何とも言えませんが
「終息への第一歩」とかの方がニュースの文章に適しているように思いますね。

 

世界保健機関の統計よると、疑いも含む感染者が2万1296人、死者は8429人。

11日までの1週間の新たな感染者は、リベリアで8人。

ギニアは42人、シエラレオネで184人だったそうです。

ピーク時(昨年8~9月)は300人を超えていましたが、大幅に減少しています。

 

とても良い傾向ですね。このまま撲滅できれば嬉しいですね。

 

しかし、非常に喜ばしいニュースなのですが、

「元の木阿弥」という言葉があるくらいなので、用心して頂きたいと思います。

 

医療関係者の方々には、これからも二次感染には十分気を付けて頂きたいと思います。

 

しかし、日本のテレビニュースでは、エボラ出血熱のことをあまり聞きません。

その結果、油断している人も多いと思いますので、国内感染が起きないことを祈ります・・・

予想外なタイミングで起こると、パニックになりやすいですからね。

 

それから、勢いが収まってきた理由も知りたいですね。

今まで行ってきた治療や対策による成果なら良いのですが、

季節的な要因で減少しているのではないかと考えてしまいます。

感染源の特定など、エボラ出血熱に対する研究が飛躍的に進むことを願っております。

-ニュース・時事
-

執筆者:

関連記事

no image

小保方氏の実験、48回挑戦するも全て作製失敗。 光る細胞はあったが・・・

先ほどの記事でも取り上げたSTAP細胞の問題。 小保方氏の検証実験では、計48回にわたり作製を試みたそうですが、全て失敗したとのことです。

no image

ランサムウェアに感染し、金銭を要求される被害が日本でも増えているようです。定期的なバックアップを心掛けましょう。

ランサムウェアによる被害が徐々に増えているようです。   ランサムウェアとは、マルウェアの一種です。 感染するとプログラムが動かなくなったり、ファイルが開けない状態に陥ります。 そして、これ …

no image

京大の研究で、iPS細胞から軟骨組織を作製することに成功!! 4年後には臨床研究に入る見通し!!

京都大学iPS細胞研究所の妻木範行教授や山下晃弘研究員の研究グループが新たな成果を上げました。   ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から軟骨組織を作製することに成功したのだそうです。 こ …

no image

東京大空襲から今年で70年。経験者の高齢化で、体験談を語り継ぐことが困難になってきているようです。

既に多くのテレビ局で報じられていますが、今年で東京大空襲から70年の月日が経ちます。 ※「東京大空襲」と言うと、死者数が10万人以上と著しく多かった1945年3月10日の空襲を指すことが多いのだそうで …

no image

警察相談専用電話「#9110」をご存知ですか? 緊急でない時は110番ではなく、こちらを使いましょう。

全国の警察で昨年の1~11月に受理した110番通報が852万4175件と、前年の同じ時期より7万件程減ったと警視庁より発表されました。 しかし、要望や照会、虚報・誤報などの緊急対応が不要な通報は増えて …

pagetop