心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

イスラム国が日本人2人を人質に身代金を要求。殺害を警告するビデオ声明も発表。

投稿日:2015年1月20日 更新日:

過激組織の「イスラム国」が日本人2人を人質に取り、身代金を要求しています。

「72時間以内に2億ドルを支払わなければ殺害する」と警告するメッセージも出しています。

外務省は事実確認と対策を検討中です。

 

イスラム国が投稿したとされる動画には、湯川遥菜さんと後藤健二さんらしき人物が写っているとのこと。

 

湯川さんはシリア反体制派やイスラム戦線などの混成部隊に同行していたようです。

昨年8月、内戦中のシリア北部アレッポ郊外で拘束されたとみられます。

 

シリアなどで取材活動を続けていたとされるフリージャーナリスト後藤さんは、2014年10月に自身のツイッターでシリアで取材中と伝えています。

しかし、12月23日を最後にツイッターの更新が途絶えていたようです。

 

ビデオでは、英国人とみられる男性戦闘員が、

「日本はイスラム教徒の女性や子供を殺害し、家を破壊するための寄付した」

などと述べているようです。

米国主導の連合の対イスラム国軍事作戦を、日本が支援していると非難しているものと思われます。

 

また、安倍首相が中東歴訪の際に、シリア難民救援(イスラム国対策)として2億ドルの支援を表明しました。

これを批判して、今回の身代金は、その表明と同額の2億ドル・・・

政府はあくまでもシリア難民救援だと明言した上で、対応をとっていく形になるでしょう。

 

しかしながら、なかなか厳しい状況と言わざるを得ません。

私は支払わない方が良いと思っています。

国もそう考えているのではないでしょうか?

 

あまり無責任なことを言いたくないのですが、

現場の状況を知っていて、それを理解した上で行ってるはずです。

そう考えると、完全に自己責任ということになります。

 

要求額も2億ドルと大金です。

これは、日本円にして約240億円相当です。

さすがに、易々と支払うわけにはいかない額です。

 

これで支払ってしまうと、各国から非難されるでしょうし、日本人を拉致すれば簡単にお金が手に入ると思われるだけです。

それだけの金がイスラム国に渡れば、さらに活動が活発化させるだけですしね。

 

考えうる対策としては、先の2億ドルの支援を取り下げるなどが考えられますが、

国がどう対応していくか関心が集まることでしょう。

 

 

P.S.

残念ながら、明日にはこのパソコンが一旦回収されるので、このニュースに関連した記事を書けないかもしれません。

ご了承ください。

新聞だけでなく、YahooやGoogleのニュースでもトップに上がると思いますので、気になる方はそちらで調べてください。

 

P.P.S.

先ほど、安部首相の会見がありました。

各国と連携し、人命第一に対応していくとのことです。

やはり、「2億ドルは人道支援」という発言がありましたね。

中山外務副大臣のヨルダン派遣するなど対応を進めているようですが、

今後どう対処していくか見守りたいと思います。

-ニュース・時事
-,

執筆者:

関連記事

no image

蛍光を発するインフルエンザウイルスが開発される!? その名は「Color-flu(カラフル)」!! 凄いけど、なんか怖いね。

東京大医科学研究所の河岡義裕教授や福山聡特任准教授らによって、蛍光を発するインフルエンザウイルスが開発されました。 「Color-flu(カラフル)」と名付け、25日に英科学誌のネイチャーに発表したと …

no image

年金の減額は憲法違反だとして、受給者が提訴。どうなる?年金制度

私がゲームに夢中になっている間に、気になるニュースがありましたので、 既に遅いですが、記事にさせていただきます。   その気になるニュースとは、年金に関するものです。   国は20 …

no image

御嶽山の噴火から半年。登山や山にハイキングに行く際には、事前準備や情報収集を怠らないようにしましょう。

死者57人、行方不明者6人という戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火。 今月27日でちょうど半年です。   被害に遭われた方々、お亡くなりになられた方々、そしてご遺族の方に心よりお悔やみを …

no image

結局、STAP細胞論文の不正が事実上確定してしまいましたね。

小保方晴子元研究員が、理研に対して不服申し立てをしなかったことが本日判明しました。 これによって、STAP細胞の論文の不正が確定。

no image

またもやメタンハイドレート発見か!? 十勝沖の水深2000メートルで観測

北見工業大学が、釧路市付近の十勝沖の海底で、メタンハイドレートが多数存在する可能性が高いことを示す現象や鉱物が発見されたと発表した。 調査は、11月下旬に山下聡教授らの研究グループが実習船を使って実施 …

pagetop