心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

ネットバンクの不正送金問題。ワンタイムパスワードでも送金を防げないケースが確認されています。新型ウイルスには、十分注意しましょう。

投稿日:2015年4月10日 更新日:

最近よく聞くようになったインターネットバンキングの不正送金問題。

 

警視庁のサイバー犯罪対策課の発表によると、セキュリティ対策として利用されている「ワンタイムパスワード」を無効化する新種のウイルスが猛威を振るいつつあるようです。

日本だけでなく、欧米やアジアなど数十カ国で感染が確認されており、今年の2~3月の一ヶ月間だけで約8万2000台のパソコンが感染したとのことです。

被害額やその規模は明らかになっていないようですが、

 

このウイルスは「ボートラック」と呼ばれているそうで、日本では昨年5月に初めて確認されたものだそうです。

ウイルスや不正プログラムが仕掛けられたメールを開封したり、サイトを閲覧したりすると感染します。

利用者がネットバンクにログインしただけでウイルスが自動的に動き出し、犯人が予め指定した口座に送金されるとのこと。

このウイルスの最大の特徴が、従来のものと違い、ワンタイムパスワードが意味を成さないという点。

 

従来のウイルスは、パスワードを盗むものが主流でした。

盗んだパスワードを犯人が使用。なりすまして送金していたわけです。

しかし、新しいものは、自動的に送金するように動くのですから、かなり厄介です。

 

警視庁は今月から、このウイルスの無力化、一斉駆除に乗り出しています。

感染したパソコンの所有者に対してウイルス駆除を呼びかけたり、

ウイルスの機能を停止させるデータを感染したパソコンに送信する対策を始めたそうです。

警察がウイルスの無力化データを仕込み、直接被害防止に乗り出すのは世界でも初めてのことだそうです。

 

いや~、怖いですね。

私もネットバンクを使っているので気を付けようと思います。

 

中にはネットバンクを利用しなければ良いと言う方もいますが、

ネットバンクは使いやすいですし、金利も良いところが多いですから

なかなか手放すのは難しいでしょうね。

 

しかも、対策が後手に回っている感が否めない点も、気がかりです。

何か根本的な解決策が見つかることを祈ります。

 

この手のものは防ぐのは困難ですが、警戒意識を高めておくことは無駄ではないでしょう。

メールを開ける際やパスワード入力する前に注意するなど、基本的なことは常に意識しておきましょう。

 

現在、セキュリティソフトがこのウイルスに対応しているのかは分かりませんが、

定期的にアップデートとスキャンは行いましょう。

意外と知らないうちに、ウイルスやクライムウェアに感染していることがあります。

 

結構忘れがちになりますが、これを機に定期更新とスキャンを心掛けてみてください。

-ニュース・時事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

16日も天候は大荒れ 関東でも雪か!?

日本海と南海上にある低気圧が、急速に発達しながら東へ進む見込みとなっています。 そのため12/16は、暴風・暴風雪・高波に警戒が必要となります。

no image

在英韓国大使館の前で抗議デモ!? 「犬を食べないで!」

韓国のインターネット掲示板で話題になった話のようですね。 英国で、犬を食べる韓国人への抗議デモが続いているらしいです。

no image

複数の自治体から生活保護を受給していた女に判決 懲役3年?短い気が・・・

3日前の記事でも紹介しました、生活保護費を重複受給していた女に関するニュースです。

no image

ワニの胆汁は毒物なのか? 胆汁混入の疑い? ビールを飲み56人死亡!! 49人が搬送!!

昨日11日に、モザンビークの保健当局より、衝撃的な発表がありました。 モザンビークの伝統的なビールを飲んだ56人が死亡。49人が病院に搬送される事態があったそうです。

no image

模倣犯現る? 今度は東京都板橋区のお寺にある仁王像に黒い液体がかけられる事件発生。罰当たり過ぎる・・・

5/10の午前11時頃、東京都板橋区西台の円福寺の門前にある2体の仁王像に、黒い液体がかけられているのが発見されました。 液体は油分を含んでいるとのこと。石像に染み込んでいて、拭いても落ちないようです …

pagetop