心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

役立つ知識・情報

パソコンやモニターの接続端子に注意!ケーブル選びも慎重に! DVI-DとDVI-I等、意外とややこしい!

投稿日:2015年1月20日 更新日:

BTOパソコンを購入した際に、モニターと接続するケーブルを購入し忘れていたと話しましたね。

それに関連して、ケーブルや接続端子について注意しておきたいことを紹介します。

ノートパソコンやスマートフォンの普及したことで、デスクトップの需要も減り、

今はケーブルを単品で購入する人も少なくなったかもしれませんが、知っておいても損はないと思われます。

 

パソコン本体とモニターの接続端子、それらを繋ぐケーブルに関するトラブルは意外と少なくないそうです。

購入の際には、この記事を読むだけでなく、検索したりしてよく調べておきましょう。

 

現在の接続端子は、主に以下の4つです。

VGA(D-sub15ピン)、DVI、HDMI、DisplayPort

 

端子の大きさなど、違いは色々ありますが、

一番注目すべき点はアナログかデジタルのどちらであるかでしょう。

 

アナログはデジタルと比較して、画質の劣化があったり安定性で劣ります。

その為、現在はデジタルが主流となっています。

テレビも映像の綺麗なデジタルに変わりましたよね。

 

それでは、それぞれの端子の信号について説明しましょう。

 

VGA(D-sub15ピン)は、アナログ信号

かつての主流でしたが、新しい製品には使われなくなってくるでしょう。

私が今回購入したモニターは、これです。

 

現段階ではまだ滅びていないので、

割と新しいものでも、安いモニターは端子がVGAだけということがあります。

私はあまり気にしていませんが、画質などに拘りたい方は注意しておくと良いでしょう。

 

HDMIとDisplayPortはデジタル信号。現在は、この2つが主流です。

HDMIは家電向け、DisplayPortはパソコン向けと言われているようです。

画質が良く出力が安定しており、さらにコンパクトなので非常におすすめです。

パソコンやモニターはこれらが使えるかを確認すると良いでしょう。

 

HDMIは、ノートパソコンのディスプレイが異常をきたした時に、大変お世話になりましたね。

テレビとレコーダーを繋いでいたHDMIケーブルを使って、パソコンの画面をテレビに出力して作業していました。

 

そして、一番ややこしいのがDVI。これにはいくつかの種類があるのです。

DVI-A(アナログ)
DVI-D(デジタル)
DVI-I(アナログ・デジタル兼用)

 

DVI-Aはほとんど使われていないので、あまり気にする必要はないでしょう。

DVI-Iは、VGA(アナログ)と互換性を持っています。

DVI-Dはデジタル専用なので、注意したいところです。

 

そして、DVI-IにはDVI-Dのケーブル・プラグを挿せますが、

DVI-Dの端子に、DVI-Iケーブル・プラグは挿せません。

それぞれの形状を見るとよくわかります。

DVI

DVI-IとDVI-Dのケーブルには「シングルリンク」と「デュアルリンク」の2タイプあります。

デュアルリンクはシングルリンクを兼ねており、より多くの情報の伝送が可能です。

解像度1920×1200まではどちらを使っても問題ないので、そこまで気にかける必要はないと思います。

しかし、もしもそれを超える解像度を求めるのであれば、デュアルリンクの必要があるので注意しましょう。

 

やはり一番用心しておくべきことは、DVI-IとDVI-Dを間違えないようにすることですね。

“DVI-Dのケーブルが欲しかったのにDVI-Iだった”ということが、結構多いようです。

 

実際、私が今回購入したケーブルのレビューでもそのような報告が沢山ありました。

(私はモニターのVGAに接続する為に、VGAとDVI-Iを接続できるBUFFALOの「DVIアナログ変換ディスプレイケーブル」という商品を購入しました。)

 

低評価の中には、↓のようなコメントもありました。

「DVIの形状に種類があるとは知らなかった。使い物にならず、無駄なお金を使ってしまった。
商品説明にきちんと、DVIの形状にも種類があると書いて欲しかった。」

こんなことにならないよう、購入の前には必ず確認をしましょう。

 
商品説明には

「DVI-I(29ピン)対応の液晶ディスプレイとD-sub15ピンのパソコン、またはD-sub15ピン仕様の液晶ディスプレイとDVI-I(29ピン)対応のパソコンを接続するケーブル」

という記述がありましたけどね。

 

先に調べておけば、この説明文で気付けたかもしれませんね。

-役立つ知識・情報
-,

執筆者:

関連記事

no image

サイトがモバイル端末(スマホ・タブレット)に対応しているかで、Googleの検索結果の順位が変わるそうですね。

突然ですが、質問です。 「モバイルフレンドリー」というラベルの存在をご存知でしょうか?   モバイルフレンドリーは、スマートフォンなどの携帯端末でGoogle検索した際に出てくるラベルです。 …

no image

インターネット検索で使うと便利なテクニックを紹介!

スマートフォンやタブレットが普及したことで、インターネット検索を利用する人も増えました。 今回は、その検索で役に立つテクニックをご紹介します。 Googleの検索エンジンを利用しているところなら、確実 …

no image

トーク・メッセージアプリ「LINE」に深刻な脆弱性が発見される。利用している方は、修正版にアップデートしましょう。

トーク・メッセージアプリで有名なLINE(ライン)ですが、セキュリティに深刻な脆弱性が存在していたことが判明しました。 この脆弱性を突かれると、LINEのトーク履歴や写真、友達リストなどのデータを外部 …

no image

初歩的テーブルマナー講座! 私は面倒に感じますが、慣れると然程でもないのでしょうか?

先日、トライベックスに行った時に、一応テーブルマナーを気にして食べました。 せっかくなので、テーブルマナーについて少々書いておこうと思います。

no image

スマート家電の注意点とブラウン管テレビ生産終了について。ブラウン管テレビってまだ生産されていたんですね!? 驚きです。

世界のブラウン管テレビの生産が来年中に終了するとのこと。 寧ろ今まで生産され続けていたことに驚きです。 液晶テレビの普及が進み、生産数が減少したことが原因でしょう。   現在、シャープとイン …

pagetop