心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

カナダで無敵のポーカープログラムが完成!? オンラインカジノに導入されたら・・・

投稿日:2015年1月9日 更新日:

昨日8日、あるプログラムの研究論文が、米科学誌サイエンスに掲載されました。

それは、条件付ではあるものの、「テキサス・ホールデム(Texas hold’em)」で理論上絶対に負けないプログラムが開発されたというもの。

その条件は、プレーヤーを2人に限定。リミット付きの勝負であること。

つまり、1対1の勝負で、掛け金が決められているということです。

 

今回開発されたプログラムは、一定額ずつチップをかけての勝負(降りてもよい)を繰り返し、長期的にプレイすると絶対に負けないそうです。

 

最近は将棋でも、プロ顔負けのプログラムが出てきています。

さらに時が進んだら、ほとんどのゲームで人間は機械に勝てなくなるのでしょうね。

分かりきっていることですが、少々寂しい気持ちになりますね・・・

 

今回の論文の主執筆者は、カナダ・アルバータ大学のマイケル・ボーリング氏。

ボーリング氏の研究チームは、2003年より「超一流プレーヤー、どんな戦略にも負けない完璧なプレーヤーを作ること」を目標に研究をしてきたそうです。

 

研究チームは、最初に完成させたポーカープログラムを「Polaris(ポラリス)」と命名。

「Polaris」は、ホールデムで人間の一流プレイヤーと1対1の勝負をしています。

1回目(2007年)は敗北しましたが、翌年2008年には勝利を収めています。

 

そして、さらなる研究で生み出されたのが、今回のソフト「Cepheus(ケフェウス)」。

 

研究チームによれば、「Cepheus」は、CFRというアルゴリズムの改良系「CFR+」を用いているそうです。

CTRは、「あの時こうしていれば良かった!」という後悔を最小化するアルゴリズム。

つまり、対戦を沢山するほど、最適戦略を学習していくのです。

 

2カ月にわたって、秒間60億以上の手を考えるCPUを4000個以上稼働して、完璧と言っても過言ではないほどの腕前にまで成長したそうです。

 

このゲームは、「最後に行動できる人が有利」と言われていた(経験則)らしいのですが、

このソフトによってそれが事実だと証明されたそうです。

また、他にもいくつかの有効なプレイ戦略が明らかになったそうです。

 

ポーカーは「不完全情報ゲーム」です。

人数やリミットの制限があるといっても、実質的な完全解が求められたわけです。

驚きを隠せませんね!

 

このソフトで有効と判断された戦術を、オンラインカジノのプログラムに反映されたら大変ですね。

私はオンラインカジノをお遊び感覚でプレイしているので、あまり影響はありませんが、

テキサス・ホールデムで生計を立てている人からすると絶望的なニュースですね。

 

テキサス・ホールデムをやってみたいという方は、検索してみてください。

無料で遊べるサイトがあると思いますよ。

 

出来れば友人など人相手にプレイした方が面白いとは思います。

色んな駆け引きがあるので、意外と嵌るかもしれませんよ。

人との対戦では、ブラフ(役もないのに強気で賭けてみたりする)は意外と有効です。試してみてください。

-ニュース・時事
-,

執筆者:

関連記事

no image

エボラ出血熱の死者も7500人を超えているそうです。 もう少しで感染者数2万人!

昨日のニュースですが、世界保健機関が、エボラ出血熱による死者が7500人を超えたことを発表しました。 感染者も2万人に近づいているそうです。

no image

年金の減額は憲法違反だとして、受給者が提訴。どうなる?年金制度

私がゲームに夢中になっている間に、気になるニュースがありましたので、 既に遅いですが、記事にさせていただきます。   その気になるニュースとは、年金に関するものです。   国は20 …

no image

滋賀県甲賀市のスーパーで販売された菓子パンから、縫い針が2本見つかる!! 何者かが故意にさせたとみて捜査中。

2/26に、滋賀県甲賀市水口町本綾野の大型スーパー「アル・プラザ水口」で販売されていた菓子パンから、縫い針2本が見つかったとの発表がありました。   滋賀県警甲賀署の発表によれば、 26日の …

no image

スマート家電の注意点とブラウン管テレビ生産終了について。ブラウン管テレビってまだ生産されていたんですね!? 驚きです。

世界のブラウン管テレビの生産が来年中に終了するとのこと。 寧ろ今まで生産され続けていたことに驚きです。 液晶テレビの普及が進み、生産数が減少したことが原因でしょう。   現在、シャープとイン …

no image

小保方氏の実験、48回挑戦するも全て作製失敗。 光る細胞はあったが・・・

先ほどの記事でも取り上げたSTAP細胞の問題。 小保方氏の検証実験では、計48回にわたり作製を試みたそうですが、全て失敗したとのことです。

pagetop