心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

小保方氏の実験、48回挑戦するも全て作製失敗。 光る細胞はあったが・・・

投稿日:2014年12月19日 更新日:

先ほどの記事でも取り上げたSTAP細胞の問題。

小保方氏の検証実験では、計48回にわたり作製を試みたそうですが、全て失敗したとのことです。

何故このようなことになってしまったのでしょうか?

 

STAP細胞の作製が成功したと結論付けるには、以下の2つの過程をクリアする必要があります。

1.マウスの体の細胞を弱酸性の溶液に浸し、万能性遺伝子の特徴である緑色の発光現象を確認する。

2.作製した細胞を別のマウスの受精卵に注入。この細胞が全身に散らばったマウス(キメラマウスと呼ばれる胎児)を作る。

 

まず、1の過程に関してですが、小保方氏の実験では光る細胞は得られたようです。

しかし、その割合は論文よりも1桁低く、万能性遺伝子の働きとは確認できなかったそうです。

 

そして、2のキメラマウスの過程ですが、小保方氏が作製した細胞を1615個の受精卵に注入しても、万能性を示すマウスは一匹も作れなかったそうです。

 

小保方氏はこうした実験を複数回行い、万能性を確認したと説明していたわけですが、結局失敗に終わりました。

 

成功しなかったのは、1の過程に原因があるのではないかとも指摘されています。

細胞は死滅するときにも光ることがあるのだとか。

小保方氏がこのような発光現象を、万能性遺伝子の光だと誤認していた可能性があると、理研の検証チームも8月の中間発表で示唆していました。

他の科学者は、もっと前から指摘していましたが・・・

 

でも、本当に発光現象の誤認なら笑いものもいいところです。

科学者なら、この程度のことは想定しておくのが普通でしょう。

理研に所属している科学者は、その程度のレベルだと言っているようなものです。

 

今記事を書いていて思ったのですが、昔に成功しているキメラマウスを調べてみてはどうでしょうか?

死滅した際に発光した細胞なら、それを使って胎児ができるはずがありません。

もし本当にキメラマウスがいるのなら、STAPと呼べるかはわかりませんが、何かしらの特殊な細胞があることの証です。

 

何故小保方氏や理研は、キメラマウスを提示していないのでしょう?

成功していたなら、存在するはずですよね?

マウスの寿命が短く既に死んでいるとしても、それを調べれば分かることもあると思うのですが?

 

初めから嘘であるなら、存在しないので提示も何もないとは思いますが・・・

 

それにしても1年でここまで人生の落差を体験する人も珍しいでしょうね。

1月末の発表の頃は「リケジョ」ともてはやされ、一躍時の人となりました。

しかし、12月にはこの有様です。

本当に人間の人生というのは、色々ありますね。

-ニュース・時事
-,

執筆者:

関連記事

no image

ニュース「横浜市と大阪市がカジノ開業の候補地に!?」&マーチンゲール法の考察

2020年の東京五輪・パラリンピックまでにカジノを開業しようとする動きがあったことは多くの方がご存知かと思います。   政府がこの度、このカジノを中核とした統合型リゾートについて、横浜市と大 …

no image

マクドナルドの記者会見 新たにデザートにも異物(プラスチック)の混入が発覚!?

マクドナルドで相次いだ異物混入問題に関する記者会見が開かれましたので、その報告をお伝え致します。 今回の記者会見で、新たに福島県の店舗でデザートからプラスチック片が見つかっていたことが判明しました。

no image

アトピー性皮膚炎の治療が一歩前進か? 黄色ブドウ球菌の繁殖を抑え、正常なバランスを保つことが重要になるらしいです。

私も悩まされている「アトピー性皮膚炎」。 この病気に関する研究で、新たな成果が報告されています。   数日前も、痒くて朝まで眠れなかった私としては、なかなかタイムリーなニュースですね。 &n …

no image

選挙日は大雪で大荒れ!? 14日にかけて、広範囲で積雪の恐れ

本日12日夜から14日にかけて、日本付近に強い寒気が流れ込みます。 その影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に、広範囲で雪が降る予報が出ています。

no image

秋葉原で起きた無差別殺傷事件。 来月2月2日に判決!

東京都の秋葉原で無差別殺傷事件があったことを、皆様は覚えていますか? 2008/6/8(日)の12:30過ぎに秋葉原で発生した通り魔事件です。

pagetop