心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

結局、STAP細胞論文の不正が事実上確定してしまいましたね。

投稿日:2015年1月6日 更新日:

小保方晴子元研究員が、理研に対して不服申し立てをしなかったことが本日判明しました。

これによって、STAP細胞の論文の不正が確定。

一連の調査も終結することになります。

 

理研の規定で、不服申し立ては不正認定の通知を受けてから10日以内と定められていたようです。

そして、その期限が昨日の1/5までだったそうです。

 

理研は、昨年12月26日に行われた調査委員会の結果を発表する記者会見で、小保方氏と連絡が付かないと説明していました。

しかしその後、連絡が取れ、発表当日に小保方氏側の受理を確認した?らしいです。

 

報告では、新たにいくつかの図に捏造があった認定されました。

さらに、STAP細胞には、既存の万能細胞”ES細胞”が混入していたとして

「STAP細胞に関する論文は、ほぼ全て否定された」と結論付けられていました。

 

そして、不服申し立てがあるか注目されていたわけです。

結局、不服申し立ては行われず、調査結果が確定し決着となりました。

 

ところで、本人の会見とかはないのでしょうか?

自殺者まで出て、再実験などで無駄な経費を使っておきながら、そのままフェードアウトというのはいかがなものでしょう?

 

税金が使われていても、初めから実現不可能という結果が出ていれば、誰も過剰に咎めたりしないでしょう。

研究ですから、失敗することも多々あると思います。

しかし、それと改ざん・捏造はまったく別です。

 

小保方氏には、説明責任があると思うので、

私個人としては、謝罪会見くらいはしておいた方が良いと考えています。

 

それから、小保方氏含め関係者の処分がどうなるか気になりますね。

 

通常、不正の認定をされた職員は懲戒対象となりますが、

小保方氏は昨年12/21付で理研を退職している為、すんなり事が運びそうにないですね。

懲戒委員会は、職員だった場合と同程度の処分を検討しているそうです。

-ニュース・時事
-,

執筆者:

関連記事

no image

秋葉原通り魔事件 最高裁でも死刑判決が確定。

昨日2/2、秋葉原通り魔事件に判決が下されました。   2008/6/8に東京の秋葉原で17人を殺傷。罪に問われていた加藤被告。 1、2審で死刑判決が言い渡されていましたが、弁護側は判決不服 …

no image

選挙日は大雪で大荒れ!? 14日にかけて、広範囲で積雪の恐れ

本日12日夜から14日にかけて、日本付近に強い寒気が流れ込みます。 その影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に、広範囲で雪が降る予報が出ています。

no image

スマート家電の注意点とブラウン管テレビ生産終了について。ブラウン管テレビってまだ生産されていたんですね!? 驚きです。

世界のブラウン管テレビの生産が来年中に終了するとのこと。 寧ろ今まで生産され続けていたことに驚きです。 液晶テレビの普及が進み、生産数が減少したことが原因でしょう。   現在、シャープとイン …

no image

滋賀県甲賀市のスーパーで販売された菓子パンから、縫い針が2本見つかる!! 何者かが故意にさせたとみて捜査中。

2/26に、滋賀県甲賀市水口町本綾野の大型スーパー「アル・プラザ水口」で販売されていた菓子パンから、縫い針2本が見つかったとの発表がありました。   滋賀県警甲賀署の発表によれば、 26日の …

no image

年末年始に日本海側で"10年に一度の大雪"の恐れ

年末年始に、日本海側を中心に”10年に一度”の規模の大雪になる可能性があるとのことです。 気象庁は、大雪に関する「異常天候早期警戒情報」を発表しています。

pagetop