心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

STAP細胞問題 何故ES細胞が混入? 論文の図にも、新たに2件の捏造。

投稿日:2014年12月26日 更新日:

調査委員会は本日26日、STAP細胞に万能細胞のES細胞(胚性幹細胞)が混入されていた可能性が高いという調査結果を公表しました。

ES細胞を、誰かが意図的に混入させた可能性が高いとのこと。

しかし、誰の犯行かは特定できず、故意か過失かの判断も難しい状況のようです。

 

また、小保方晴子氏の論文の図に、新たに2件の捏造があったと報告されています。

その他の図表に関しても、基になるオリジナルデータや実験記録がほとんど存在しなかったそうです。

 

これによって、STAP細胞の論文は、ほぼ否定されたと結論付けられました。

 

ES細胞の混入ですが、前々から他の科学者から「ES細胞を入れていたのではないか」という指摘はありました。

調査結果がこんなもので、非常に残念です。

理研は、こんな単純なことも見抜けないところだったと公表しているようなものです。

研究機関としては、あまりにもお粗末としか言えません。

 

「研究室に残っていたSTAP幹細胞などを調べた結果、ES細胞の混入によるものと断定した」とのことですが、もっと早く調べることは出来なかったのでしょうか?

細胞が残っているなら、再現実験をするよりも先にこちらを調査すべきだったと思います。

もしかしたら、それによって費用の無駄を減らせたかもしれません。

 

それから、データや実験記録がほとんど存在しないという事実にも驚愕です。

研究でそんなことがあるのでしょうか?

私が学生時に作成した卒業研究の論文でさえ、ノートの記録やパソコン上に多くのデータが残ったものです。

 

偶然の産物だったとしても、それが確実に立証できるか何回も実験を繰り返してデータを取るはずです。

「200回以上、成功している」という発言からしても、そこまで記録がないなんておかしいです・・・

「自分達が作れているから、記録なんてなくてもOK」なんて思っていたのだとしたら、それこそ学生や素人以下です。

 

このSTAP細胞の問題は、色々不可解なことが多すぎますね。

 

現在、小保方氏は「体調が非常に悪く、連絡が取りにくい状態」なのだそうですが、ちゃんと調査は続行されるのでしょうか?

自殺者まで出たのですから、うやむやのまま幕引きなんてことにはしないで欲しいですね。

このままでは、誰もが納得できないでしょう。

それこそ、理研は「魂の限界」まで調べる必要があるのではないかと思います。

-ニュース・時事
-,

執筆者:

関連記事

no image

理研の検証チームが実験打ち切りを発表! 小保方氏も退職へ!

理化学研究所の検証チームは、来年3月末を期限にSTAP細胞の有無を確かめる検証実験を行っていました。 しかし、「STAP現象を再現できない」と結論付け、この検証実験を打ち切ると本日19日に発表がありま …

no image

沖縄北西沖で大規模な海底熱水鉱床が発見されましたね。日本って意外と資源が豊富なんでしょうか?

沖縄北西沖約150キロメートルにある伊平屋小海嶺周辺で海底熱水鉱床を発見したと、 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が発表しました。   鉱床は海底約1600メートル。南北約1キ …

no image

またゴキ○リ混入事件発生!? 今度は日清食品の冷凍パスタ

ゴ○ブリの混入事件がまた起きましたね。   今田は、日清食品冷凍株式会社の冷凍パスタです。 ゴキブ○と思われる虫の一部が混入したとして、冷凍パスタ約75万食を回収することが発表されています。 …

no image

生活保護問題 複数の自治体から不正受給!? 48歳の女、起訴される

また出ました生活保護の不正受給問題。こういうのがいるから、受けるべき人に行き渡らないのですよ・・・

no image

ネットバンクの不正送金問題。ワンタイムパスワードでも送金を防げないケースが確認されています。新型ウイルスには、十分注意しましょう。

最近よく聞くようになったインターネットバンキングの不正送金問題。   警視庁のサイバー犯罪対策課の発表によると、セキュリティ対策として利用されている「ワンタイムパスワード」を無効化する新種の …

pagetop