心理学やビジネスの話、役立つかもしれない豆知識・情報、管理人の体験談などを発信する雑多なブログ

ニュース・時事

劇症型溶血性レンサ球菌感染症の患者数が過去最悪。 別名「人食いバクテリア」!!

投稿日:2014年12月24日 更新日:

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者数が、今年の12月中旬までに263人に上ったことが発表されました。

調査を始めた1999年以降、今年の患者数が過去最悪の数を超えたそうです。

この感染症は、手足の壊死や意識障害を引き起こし、死に至る恐れもあるそうです。

 

国立感染症研究所は、激しい喉の痛みや手足の腫れなどの症状があれば、医療機関に速やかに受診するよう呼びかけています。

 

2010年までは、多い年でも年間100人前後だったのが、12年以降になって200人を超えるようになったそうです。

最悪だった12年の242人を越え、今年は12月14日までで263人と着実に増えていることが分かります。

患者数が多いのは、東京で41人。続いて、神奈川で19人、愛知で18人となっています。

 

子どもの咽頭炎やとびひを起こすA群溶連菌などが原因と言われています。

粘膜や皮膚の傷口から感染するとされていますが、どういう場合に劇症化するのか等の詳細は判明していないそうです。

 

初期症状は、38度を超える発熱や激しい痛みや腫れなど。

そこから急激に悪化し、数日以内にショック症状や多臓器不全などに陥ることがあるのだとか。

抗菌薬による早期治療が重要とのことですが、急激に悪化する為なのか治療が間に合わないケースもあるそうです。

昨年は20人も亡くなっているようです。

 

また、手足や顔などの筋膜組織が壊死することもあり、「人食いバクテリア」と呼ばれたりしているそうです。

 

名前を聞いただけで、恐ろしいですね・・・

 

今年はこの他にも、エボラ出血熱やデング熱など様々な病気が話題になりました。

今年の漢字は「病」でも良かったかもしれませんね。

 

聞き慣れない病気は、まだまだ沢山あると思います。

大したことない症状でも、危険な病気の前兆ということもありえます。

 

この「人食いバクテリア」の初期症状も、インフルエンザなどにも当てはまる部分があります。

「このぐらい大丈夫だろう」と考えて放置するのは危険かもしれません。

何か不調を感じたら、念のため病院に行くようにすりと良いかもしれませんね。

 

これからの医療の進歩に期待したいと思います。

-ニュース・時事
-

執筆者:

関連記事

no image

またゴキ○リ混入事件発生!? 今度は日清食品の冷凍パスタ

ゴ○ブリの混入事件がまた起きましたね。   今田は、日清食品冷凍株式会社の冷凍パスタです。 ゴキブ○と思われる虫の一部が混入したとして、冷凍パスタ約75万食を回収することが発表されています。 …

no image

生活保護問題 複数の自治体から不正受給!? 48歳の女、起訴される

また出ました生活保護の不正受給問題。こういうのがいるから、受けるべき人に行き渡らないのですよ・・・

no image

アトピー性皮膚炎の治療が一歩前進か? 黄色ブドウ球菌の繁殖を抑え、正常なバランスを保つことが重要になるらしいです。

私も悩まされている「アトピー性皮膚炎」。 この病気に関する研究で、新たな成果が報告されています。   数日前も、痒くて朝まで眠れなかった私としては、なかなかタイムリーなニュースですね。 &n …

no image

小保方氏の実験、STAP細胞再現できず!? 存在しない可能性濃厚!

STAP細胞検証実験で、小保方晴子研究員が細胞を作れず、論文通りに再現できなかったことが判明しました。 小保方氏自身が作れなかったことで、STAP細胞が存在しない可能性が一段と高まりました。

no image

JR福知山線の脱線事故から、今日(25日)で10年もの月日が流れていたんですね。つい最近の出来事に感じます・・・

兵庫県尼崎市で乗客106人と運転士が亡くなり、562人が負傷したJR福知山線の脱線事故から、25日でちょうど10年になります。 現場では、早朝から多くの方々が足を運び、祈りを捧げました。   …

pagetop